So-net無料ブログ作成

スギ花粉症治療を自宅で簡単にできる舌下減感作療法薬が初承認 [ニュース]

スポンサーリンク





 3日、厚生労働省が、スギ花粉症根治の可能性が期待できる新治療薬を初めて承認したと報道されました。

 これは鳥居薬品の”シダトレンスギ花粉舌下液”というもので、花粉症の原因となるアレルギー物質を少量ずつ服用し、これにより身体が慣れてアレルギー反応を起こさなくするというものです。

 既存の注射による投与に比べ患者への負担が少なく、自宅で服用できるということです。

 4月に保険適用となり、6月以降に医師の処方薬として販売される予定です。

 対象は12歳以上で、2年以上の毎日の服用が必要とされています。


 いまや国民病とも言われるスギ花粉症ですが、これまでは、対症療法として、抗アレルギー剤を服用するのが一般的な治療法でした。

 今回の新薬と同じ働きをする舌下減感作療法という根治療法もありますが、自宅で簡単に内服できるといったものではなく、誰もが気軽に利用できるものではありません。

 そのようなことを考えれば、今回の治療薬の承認はスギ花粉症の患者にとってまさに朗報ですね。

 2年以上の毎日の内服というのが多少面倒なように思えますが、辛い症状を抑えるためなら頑張れそうです。

 しかし、残念ながら、今年の花粉症時期には間に合いそうもありませんから、今年は従来通りの方法で何とかするしかありませんね。

 今年は花粉の飛散は少ないと予報されていますから、それに期待しましょう。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。