So-net無料ブログ作成
検索選択

東京海上、保険金未払い12万件把握も対応せず [ニュース]

スポンサーリンク





 6日、東京海上日動火災保険に最大12万件の保険金未払いがあると報道されました。

 これは、本体保険契約に付随する”対人臨時費用”についてで、見舞い費用や事故捜査に対応するための交通費などを補償する保険です。

 同社では、契約していたことなどが確認されれば、約款で2年と定めた請求の時効を放棄して対応するということです。


 2005年に保険各社が、本来支払うべき保険金を大量に支払っていないことが発覚し、大問題になりました。

 この際、東京海上日動火災保険は自社の未払い分について公表しましたが、実際はそれ以上に支払っていない保険金があったということです。

 このことは内部調査によって明らかになり把握していたということですが、なんら対応することなく、現時点で最大12万件の未払いを残したままだということです。

 報道によると、未払い分について請求を行なった人には支払いをしているということですが、請求がなければ自分達からは支払わないということなのでしょうか。

 未払い分が存在するとわかっているということは、調査をすれば誰にどの程度支払わなければならないかもわかりそうなものですから、どうして、自分から対応しないのでしょう。

 黙っていれば大丈夫とでも思っているのでしょうか。

 このようなことをしながらも、新しい契約を次々ととっているわけですから、会社ぐるみで詐欺行為を働いているに等しいことです。

 当然、今回の件も契約条件として定められているものですから、本来は迅速に対応し支払う義務があったはずです。

 それであるにもかかわらず、支払わなかったばかりか、その事実を会社として知りながら、事実を隠蔽しようとするとは、許されざる行為です。

 多くの世帯では、家計をやりくりし、保険に加入しています。

 なにかがあったときに大きな出費をするのが困るから加入しているわけです。

 そういう部分を踏みにじるような今回の最悪な行為には、厳罰をくだすことはできないのでしょうか。

 2度とこのようなことがないように、司法にはしっかりとした対応を取ってもらいたいものです。


 


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

無

皆さんのお陰で東京海上日動の不正行為が明らかになろうとしています。
しかし…関係各所は動きません!!もちろんマズゴミも
東京海上日動の示談書偽造を金融庁…警察庁は隠し続けています!!もちろんマズゴミも…
皆さん今すぐ金融庁に意見を出してください!!もちろんマズゴミにも
みんなの力が明日を変えます!!
by (2014-02-07 21:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。