So-net無料ブログ作成
検索選択

森元首相、「大事なときは必ず転ぶ」と浅田選手を責める [ニュース]

スポンサーリンク





 20日、東京五輪組織委員会の会長を務める森喜朗元首相が、ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子の浅田真央選手について「見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事なときは必ず転ぶ」と述べたと報じられました。

 また、浅田選手が団体戦に出場したことに関して「負けると分かっている団体戦に出して恥をかかせることはなかった」とも発言したということです。 


 この問題発言は、福岡市内で行なわれた”毎日・世論フォーラム”での講演で飛び出しました。

 なぜ、精一杯頑張っている選手に対してこのようなことが言えるのかが不思議でなりません。

 まるで、自分の会社の部下を責めているような言い様です。

 この人にとってオリンピック選手は国別メダル獲り合戦の駒のひとつなのでしょうか。

 もともと配慮に欠ける発言が多い人でしたが、さすがに今回の件には呆れてしまいました。

 今の自分の立場を勘違いしているようです。

 東京五輪の組織委員会長を解任することはできないのでしょうか。

 選手のミスをあれこれ言って責めるのなら、自分のミスの責任もとってもらいたいものです。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。