So-net無料ブログ作成

世界初、アトピー性皮膚炎改善化合物発見 [ニュース]


 17日、アトピー性皮膚炎の治療薬になりうると期待される有機化合物が、世界で初めて京都大学椛島健治准教授らのグループによって発見されたと報道されました。

 これは、アトピー性皮膚炎を発症したマウスに、水で薄めた化合物を投与する実験によって効果が確認されたということです。

 アトピー性皮膚炎の日本国内の患者数は約40万人といわれていますが、現在の治療法は免疫反応を抑えるためにステロイド剤が用いられています。

 ステロイドには感染症にかかりやすくなるなどの副作用が確認されていますが、今回の化合物に関しては副作用の心配はないとされています。

 今回発見された化合物は、内服することによって、アトピー性皮膚炎患者に共通して少ないとされる皮膚の防護機能を担うタンパク質「フィラグリン」を増加させることができるといい、症状がでてから抑えるのではなく、症状がでなくなるようにすることができるということです。


 近頃、アトピー性皮膚炎に悩む方が周囲に増えてきていると感じていましたが、今回の発見でこのような患者さんたちが救われると思うと本当に良かったと思います。

 しかし、私が子供の頃には見た目にアトピー性皮膚炎と判る人はほとんどいなかったように思います。

 現状まで患者数が増加したのには、何かしらの環境要因があるのではないかとそちらの方が気になりますね。

 根本の解決があれば、薬剤は必要ないのかもしれません。

 なにはともあれ、実用化は10年後が目処ということですが、少しでも早く製品化できると良いですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

JR北海道運転士、点検ミス隠蔽のため車両の設備をハンマーで破壊 [ニュース]


 16日、自動列車停止装置(ATS)のトラブルが相次いでいるJR北海道で、運転士が自らの点検ミスを隠蔽する目的のために、機関車のATSスイッチ2個をハンマーで叩き、故意に破壊していたことが明らかになりました。

 これは、7日午後4時半ごろ、札幌発上野行き寝台特急「北斗星」が運転所を出発した際に、ATSが作動し停止したため運転士が点検したところ、本来”OFF”にしておかなくてはいけないATSのスイッチが”ON”になっていたということで、この運転士はこの事実を整備士に隠したため、原因不明とされ機関車を入れ替えることになり、1時間あまりの遅れが出たというものです。

 JR北海道によると、この運転士は、この機関車の入れ替え作業の間に、ATSのスイッチを破壊し、「自分の点検ミスではなく、車両の故障のせいにしようと思った」と述べたということです。


 JR北海道では、ここのところ、ATSが原因不明の作動をしたり、走行中車両ののATSの部品が焼けたりのトラブルが相次いでいます。

 これらの事故が人災かどうかは判りませんが、今回の運転士のようにこれらの事案を利用し、自らのミスを誤魔化そうとする残念な輩が出てくると、すべての事故の原因が誰かのミスを隠蔽するために原因不明とされているのではないかと疑いたくなりますね。

 いまや”正義感”は死語なのでしょうか。

 自分の嘘を隠すために罪を重ねることに躊躇いを感じないのでしょうか。

 このような子供じみた行為には怒るというより呆れてしまいます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

福島第一原発貯蔵タンクから漏出の放射能汚染水、ついに地下水へ到達 [社会問題]


 5日、8月19日に貯蔵タンクから300トンの放射能汚染水の漏出が発覚した東京電力福島第一原発で、貯蔵タンク付近に掘られた観測用井戸から採取した地下水からストロンチウムなどを含む放射性物質が1リットル当たり650ベクレル検出されたと報道されました。

 これは、ついに漏出した汚染水が土壌に浸透し地下水へ到達、混入し汚染したものと考えられます。

 原子炉建屋には1日当たり400トンの地下水が流入し、放射能汚染水を増大させています。

 東京電力は、この地下水を建屋の手前に掘った井戸からくみ上げ、汚染される前に海へ放流する計画を立てていますが、この井戸は汚染水漏出タンクからほど近く、このまま土壌の汚染が拡大するようならば計画の見直しを迫られることになりそうです。


 いまだに収束することなく、福島第一原発の問題については度々報道されますが、東京電力の対策はいつも後手に回って結局被害の拡大につながっているように思います。

 おそらく、もともと甘い考えで仕事をしていたのでしょうね。

 有事の際に、”どういったことが起こりうるのか”といった予測もなく、”安全”だと勝手に妄想し、何も準備してこなかったのでしょう。

 震災による事故からそれなりの月日が流れましたが、放射能汚染はますます深刻な状態になって来ています。

 すべてが東京電力のずさんな体質によるものとしか言いようがありません。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ヤマト運輸運転手、荷物を海に捨てる [ニュース]


 2日、ヤマト運輸の宅配便75個およびメール便50通が、運転手によって海に投棄されたことが明らかになりました。

 これは、配達車に荷物を積み込む際に、誤って他の地域への荷物を積み込んでしまった運転手が、叱られることを恐れて犯行に及んだということです。

 この投棄された荷物は、愛知から大阪への荷物であったということですが、荷主がわからなくなっている物もあるといいます。


 世の中には信じられない愚行をする人がいるのですね。

 投棄された荷物の中には取り返しのつかない物があるかも知れないのによくこんなことができましたね。

 他国の空港などで荷物が盗まれて紛失することはよく聞きますが、日本の宅配便で荷物が紛失し、しかもそれが運転手によって海に捨てられてしまったなどということは、初めて聞きました。

 またその理由が叱られるのを恐れてということですから自分勝手甚だしい許されざることです。

 結局、会社に問い詰められて白状したということですから、ミスに気付いた時に素直に謝って対処をしておけば、このような大事には至らなかったのではないでしょうか。

 叱られるどころの話では終わりませんよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。